痺れの原因

query_builder 2023/04/05
ブログ
B17AF7B9-4C55-4D65-9337-5F6465F6CE13

同じ姿勢を続けていたりすると、足がしびれたりすることがあります。
しかし、何も心当たりがない「しびれ」は隠れた病気のサインかもしれません。
今回は、「しびれ」の原因についてまとめました。

しびれとは
しびれは皮膚の感覚が低下し、感覚に違和感がでる症状です。
正座などを長時間すると、すぐには立てないほど足がびりびりした状態です。

しびれはどうやって起きるの?
一般的な正座など行った時の流れはコチラです。

①血管が圧迫され、血流が悪くなる。
②知覚をつかさどる末梢神経が圧迫によって、酸素不足になる
③異常電流が流れる

末梢神経の機能が低下すると、異常を知らせるためにしびれが起きます。
圧迫した状態が続くと、足が無感覚になってしまう為それを知らせるために「しびれ」が出ます。

しびれの主な原因は?
■脳
脳腫瘍や脳の血管障害によるしびれです。
脳梗塞などで脳機能に障害が出た場合は、障害が起こっていない反対側にしびれが起こります。
しびれが脳梗塞の前触れの症状の事もあるので気を付けましょう。

■脊椎
・頸椎椎間板ヘルニア
・変形性頸椎症
・脊柱管狭窄症
など、神経を骨が圧迫することでしびれがでます。

■内科的疾患
糖尿病やビタミン欠乏などの疾患にもしびれの症状が見られます。
薬の副作用によってもしびれがでるものもあります。

■末梢神経
長時間同じ姿勢や圧迫を行うことでしびれます。
胸郭出口症候群や手根管症候群といった姿勢が悪くなってでるものもあります。

▼まとめ
しびれによっても、さほど気にするほどではないものもあります。
しかし、病気の前触れであったり、生活に支障のあるものは注意深く見ていく必要があります。
日頃から自分の体に興味を持ち、ケアをしてあげることが必要です。

NEW

  • 【大切なお知らせ】

    query_builder 2023/06/19
  • お腹を冷やさないための習慣

    query_builder 2023/05/10
  • 長引く腰痛セルフチェック

    query_builder 2023/05/08
  • 整体とマッサージの違いを知って使い分けよう

    query_builder 2023/05/05
  • query_builder 2023/05/03

CATEGORY

ARCHIVE